小顔矯正を自分でやるのは危険?

頭蓋骨のゆがみを治す小顔矯正を自分で行なうのは危険です。
テレビやYouTubeなどで小顔矯正の方法を見ると、グイグイと頭蓋骨を押したりして意外と簡単にやっているように感じますよね。

 

見よう見まねでグイグイとし込んでみると、もしかしたら頭蓋骨が縮むこともあるかもしれません。ですが、これがかなり危険だといいます。
頭蓋骨の構造や骨格を知らない素人がテキトーに行なってしまうと、顔の骨が動かしにくくなったり、めまいや頭痛、嘔吐、だるさなどの症状が起こる場合があるので、自分でやるのは絶対にやめましょう。

 

小顔矯正とはそもそも顔の骨のゆがみを矯正することが目的ですので、正しい骨格を知らなければ矯正しようがないのです。

 

 

顔の骨格がゆがむ3つの悪い習慣

頭蓋骨が歪まないようにするためには普段の習慣が重要です。
食事のときには左右対象に噛むようにしてください。
また、寝るときに顔の下に手を置く癖がある人はやめましょう。

 

顔のゆがみのセルフチェック方法

鏡の前に立ち、左右の頬骨にそれぞれ人差し指を当てます。
その人差し指の高さが左右で違っていたら顔の骨が歪んでいます。
顎の両脇(エラ)も同じ要領でチェックしてみてください。

小顔矯正を自分でやるのは危険?関連ページ

価格・効果・持続期間
頭蓋骨のゆがみを治す個顔矯正についての情報ページです。エラや頬骨などの効果のほか料金や持続期間などについてお伝えします。
page top