小顔フェイスラインのつくり方について

フェイスラインとは顔の輪郭のことです。
額の生え際から、コメカミ、アゴ先までをぐるっと一周したラインのことです。

 

フェイスラインが小さければ小顔に見え、大きければ顔が大きく見えてしまいます。
ですので、あらゆる手を使って小顔フェイスラインを作っていきましょう。

 

まずは予防対策

フェイスラインを小さくする前に、現状よりも大きくならないように予防しましょう。
具体的には、食べ過ぎによる肥満、お酒の飲みすぎ、水分の取り過ぎなどです。
食べ過ぎて太ってしまうと、そのぶんフェイスラインがふくらみますし、水分やお酒を飲みすぎると顔のむくみの原因になります。

 

対策として、味の濃い食べ物はなるべくひかえましょう。
しょっぱい物を食べると喉が渇くからです。
この他、小顔に効果的な食べ物については下の記事をどうぞ。
参考記事:小顔になる食べ物とは?

 

髪型やメイクでフェイスラインを整える

小顔というよりも美人の定義として、左右対称の顔立ちが挙げられます。
これはフェイスラインにもいえることで、顔のゆがみがない左右対称の輪郭は美人に見えます。

 

輪郭の歪みは髪型やメイクである程度なら整えることができます。
髪型なら前髪やサイドの毛でフェイスラインをカバーできますし、メイクならシェーディングを使って顔に影をつけて気になる部分を目立たなくすることもできます。
参考記事:小顔シェーディングのやり方

 

表情筋のエクササイズ

フェイスラインを引き締めるには顔の筋肉をエクササイズするのが一番です。
とくにアゴのラインが気になる方は、口の中で舌を回すエクササイズがおすすめ。
詳しいやり方は以下のページをご覧ください。
参考記事:舌回しエクササイズのやり方

 

ストレッチやマッサージも忘れずに

表情筋を鍛えたあとは、顔の筋肉をほぐすためにストレッチやマッサージを必ず行いましょう。鍛えっぱなしにすると顔の筋肉が硬くなってしまい、シワやむくみの原因になります。

 

ストレッチにはリップロールをいう方法がおすすめです。
息を吐きながら唇をプルプルプルと震わせる方法です。
顔の筋肉を振動させてリラックスさせる効果があります。

 

この他にも顔のリンパマッサージのやり方は以下のページに掲載していますので、ぜひ参考にしてください。
参考記事:顔のリンパマッサージの方法

小顔フェイスラインのつくり方|髪型やメイクなど関連ページ

顔痩せする食べ物
食べ物で小顔になる方法をご紹介します。顔痩せダイエットに効果的な食事やシワ・たるみを改善する成分など。
食事制限
食事制限ダイエットで顔痩せする際の注意点や摂取カロリーの目安などをお伝えします。
有酸素運動
有酸素運動で小顔になる方法。顔痩せに効果的なウォーキングやジョギングのやり方など。
睡眠ダイエット
眠るだけで痩せられる睡眠ダイエットをご紹介します。睡眠不足は肌のたるみや肥満の原因となり小顔作りの妨げになるので注意が必要です。
二重あごの原因
このページでは二重あごの原因について詳しくお伝えします。二重あごになりやすい骨格や姿勢などを掲載。この他にも二重あごを解消するストレッチ方法などもご紹介します。
page top