睡眠 ダイエット 小顔

小顔作りの効果的な睡眠ダイエット

睡眠ダイエットとは、寝ている間に分泌される「コルチゾール」という成長ホルモンによって脂肪を分解させるという方法です。

 

やり方はとてもシンプルで、質の良い睡眠をとるだけです。
質の良い睡眠とは熟睡することを意味します。ぐっすりと眠ることでダイエット効果があり、それが小顔作りにつながるのです。

 

コルチゾールが分泌されるのは眠り始めてから3時間です。また、深夜2時〜3時が最も分泌される時間帯だといわれています。ですので23時から24時の間に眠りにつくのが理想的だといえるでしょう。

 

 

熟睡するコツ

熟睡するコツとしては、寝る前にマグカップ1杯の白湯を飲むと体が温まりよく眠れます。
それと布団に入る前に部屋が明るいと目が冴えてしまうので、部屋の明かりは薄暗くしておきましょう。
食事は寝る3時間前までには済ませるようにしてください。
コーヒーや炭酸飲料などの刺激の強い飲み物は、興奮作用があるので就寝前に飲むのはNGです。

 

睡眠時間について

睡眠時間が短いと肥満やむくみ、肌のたるみなどの原因になります。
コロンビア大学の研究によれば、睡眠時間が7〜9時間の人に比べて、4時間以下しか眠らない人は73%も肥満になりやすいことが明らかになっています。

 

理想の睡眠時間は7時間半といわれていますので、ぜひ7時間以上は眠るように心がけましょう。

スポンサーリンク

page top