食事で顔痩せダイエット

顔痩せするためには食事制限をするのが有効です。
ただ、ここで「単純に食べ過ぎない」というだけではなく、せっかくなので美容効果の高い食べ物を食べて綺麗になりながらダイエットに取り組みましょう。

 

小顔になる食べ物

ダイエット中に積極的に摂ってもらいたいのが「大豆イソフラボン」という成分です。
大豆イソフラボンは皮膚のシワやたるみを改善する効果が期待でき、納豆や豆腐、豆乳などで摂取することができます。
ただし、大豆イソフラボンは過剰に摂り過ぎると生理不順などを引き起こすので摂取量には気をつけましょう。
理想的な摂取量は1日75mgです。納豆なら2パック、豆腐なら1丁(300g)、豆乳なら1パック(200ml)くらいの量になります。

 

 

むくみに関する食べ物

小顔になるためには顔のむくまないように気をつける必要があります。
ここでは顔のむくみに関係のある食べ物についてお伝えします。

 

味付けが濃い食べ物はむくみを誘発します。
味付けが濃いものを食べると喉が渇き、必要以上に水分を摂ってしまいます。
それが尿や汗などで排出できる水分量を超えてしまうと、体内に滞ってしまいむくみの原因になるのです。
スナック菓子やハンバーガーなどのジャンクフードは、食べると喉が渇くので極力控えるようにしましょう。

 

また、むくみを解消するためには、尿を出しやすくする利尿作用のある食べ物を摂るといいでしょう。
パセリ・アボカド・ほうれん草などのカリウムの多く含まれているものや、コーヒー・紅茶などのカフェインが含まれているものなどです。ただし、カフェインは取りすぎると睡眠が浅くなるので摂りすぎには注意してください。

 

あとはデトックス作用のあるリンゴ・海藻・コンニャクなどを食べて、
むくみや脂肪の原因でもある老廃物を体内に溜めないようにすることも重要です。

食事で顔痩せダイエット!小顔になる食べ物とは?関連ページ

食事制限
食事制限ダイエットで顔痩せする際の注意点や摂取カロリーの目安などをお伝えします。
有酸素運動
有酸素運動で小顔になる方法。顔痩せに効果的なウォーキングやジョギングのやり方など。
睡眠ダイエット
眠るだけで痩せられる睡眠ダイエットをご紹介します。睡眠不足は肌のたるみや肥満の原因となり小顔作りの妨げになるので注意が必要です。
二重あごの原因
このページでは二重あごの原因について詳しくお伝えします。二重あごになりやすい骨格や姿勢などを掲載。この他にも二重あごを解消するストレッチ方法などもご紹介します。
フェイスラインのつくり方
美しい小顔フェイスラインのつくり方についての情報ページです。髪型やメイクでフェイスラインを整える方法やあごのラインをきれいに見せるエクササイズの方法など。
page top