小顔に見える髪型(ショート・ボブ)のコツについて

ショートヘアで小顔に見せるためのポイントを輪郭のタイプ別にご紹介します。

 

丸顔

丸顔の人はトップにボリュームをもたせて顔を縦に長く見せるのがポイントです。
サイドはボリュームを少なめにして、頬の部分を髪で隠しましょう。
前髪は深めにとり隙間をつくっておでこをチョイ見せすれば縦のラインをより強調できます。
ボブスタイルなら斜めバングもおすすめです。その際も縦のラインを意識してください。

NG

ぱっつん(前髪を一直線)にしてしまうと、顔の横のラインが強調され丸顔が目立ってしまうので避けましょう。
髪全体の長さもアゴのラインに揃えてしまうと同様に丸顔が強調されてしまいます。
ウェーブを出すときは横のボリュームを出し過ぎないようにしてください、

 

面長顔

面長の人はショートやボブにすると小顔効果があります。
ポイントとしては、縦長のシルエットをやわらげるためにトップのボリュームを抑えるようにしてください。
サイドは頬骨のあたりにボリュームをもたせて全体が丸い(ひし形)シルエットになるようにしましょう。
前髪はぱっつんやWバングなどにすると横のラインが強調されるのでおすすめです
襟足にはくびれを作ることで横幅が際立ちます。
それと全体的にウェーブをつけてふわっとさせるとやわらかい印象になります。

NG

センター分けなど直線的な前髪は顔をより顔が長く見せてしまうので避けましょう。
また、前髪に限らず全体的に髪質がストレートだと縦に長い印象を与えてしまいます。

 

エラ張り顔

ホームベースの様にエラが張っている人はサイドの髪の毛で隠しちゃいましょう。
それとトップにふんわりとボリュームを出すことで、全体のシルエットがひし形になりエラが目立たなくなります。
前髪はおでこの肌を三角に出すことで顔の形のバランスがよく見せることができます。ただし、おでこを出し過ぎないようにするのがポイントです。
サイドはエラよりもやや高い位置にボリュームを持たせると全体のシルエットがスッキリします。
また、ウェーブをつけることで角ばった印象をやわらげることもできます。

NG

フェイスラインが思いっきり出る髪形は避けましょう。
あとは前髪ぱっつんなど直線的なヘアスタイルもホームベースっぽく見えるのでNGです。
前髪はセンターで分けるとエラが目立ってしまうので左右にずらしましょう。

小顔に見える髪型(ショート・ボブ)のコツ関連ページ

ロング・セミロング
小顔効果のある髪型の紹介ページです。ロング、ミディアム、セミロング、ヅトレート、前髪など顔の形ごとに解説しています。
アレンジテクニック
髪型で小顔に見せるアレンジテクニックをご紹介します。ショートヘア、ロングヘアのアレンジのやり方など。
page top