小顔に見える髪型アレンジテクニックについて

髪型をアレンジして小顔に見せるテクニックをご紹介します。

 

ショート

ショートヘアの場合はワックスを毛先にもみ込むようにつけてランダムな動きをつけましょう。
丸顔の人はトップに、面長顔の人はサイドの毛先に動きをつけることで横幅や縦の長さが緩和されます。横のボリュームを抑えるときはサイドの毛をねじってとめてみてください。その際は前髪で頬を隠して顔のラインをシャープに見せましょう。

 

ロング

ロングヘアの場合は結んだ状態でボリュームを出したい場所を指でつまんでふわっとさせるのがコツです。
また、結び目を後頭部の高めの位置につくると、奥行きが出て横から見たときのシルエットがきれいになります。

 

トップにお団子を作ることで縦の長さを強調することができるので、丸顔やエラ張り顔の人にオススメです。
面長の人は髪を後ろではなく横でまとめることで顔の長さをやわらげることができます。
サイドに大きく編み込みを作るのも効果的です。またサイドの毛を少し残して、コテなどで自然なカーブを作り顔のラインを丸く見せるといいでしょう。
エラが張っている人も同じようにサイドでまとめるといいでしょう。サイドの髪を少し残して、まとめた髪と一緒にエラを隠してください。

小顔に見える髪型アレンジテクニック関連ページ

ショート・ボブ
ショートの髪型で小顔に見せるコツを顔の形別(丸顔、面長、エラ張り)にお伝えします。前髪やボブスタイルなど。
ロング・セミロング
小顔効果のある髪型の紹介ページです。ロング、ミディアム、セミロング、ヅトレート、前髪など顔の形ごとに解説しています。
page top