髪型で小顔に見せる秘訣(ロング・ミディアム・セミロング)

ロングやミディアム、セミロングの髪型で小顔に見せるポイントをご紹介します。

 

丸顔

丸顔の人は縦のラインを意識するのがポイントです。
トップはふわっと高さを出して、サイドはボリュームを抑えるようにしましょう。
前髪はセンターで分けて頬を髪で隠すようにすると顔を細く見せることができます。
前髪をおろす場合は隙間をつくって縦のラインを強調しましょう。
また、ストレートもウェーブも毛先が重くなり過ぎると下膨れに見えてしまうので、首元あたりから動きをつけるといいでしょう。

NG

前髪を横一直線にしてしまうと横ラインが強調され、顔がより丸く見えるので避けましょう。

 

面長顔

面長タイプのロングヘアは、ぱっつん前髪にして横ラインを強調しつつおでこを隠してあげれば、顔の長さをごまかすことができます。
もしくは斜め分けがおすすめです。
縦に長く見せないためにトップはボリュームを出さないようにしてください。
また、面長の人がストレートにすると縦のラインが強調されるので、ゆるいウェーブで動きをつけるといいでしょう。
その場合は頬骨あたりをふわっと横に広げてあげるのがポイントです。
そして毛先に向かって毛の量が少なくなるようにしましょう。

NG

センター分けは顔を細長く見せる効果があるので面長の人にはNGです。

 

エラ張り顔

エラが張っている人は髪の毛で隠してしまいましょう。
サイドの毛で頬骨とエラを自然に隠すことで顔のシルエットがスッキリします。

NG

エラを隠す毛の量が多すぎると、もっさりした印象を与えてしまうので気をつけてください。
それから髪を耳にかけないようにしましょう。

髪型で小顔に!ロング・ミディアム・セミロング編関連ページ

ショート・ボブ
ショートの髪型で小顔に見せるコツを顔の形別(丸顔、面長、エラ張り)にお伝えします。前髪やボブスタイルなど。
アレンジテクニック
髪型で小顔に見せるアレンジテクニックをご紹介します。ショートヘア、ロングヘアのアレンジのやり方など。
page top