小顔になるにはどうしたらいいの?

顔が大きくて悩んでいる人はとても多いです。
では、小顔になるにはどうしたらいいでしょう?

 

男女や中学生・高校生などに分けて小顔になる方法をお伝えします。

 

女性が小顔になるには?

女性の場合はむくみに悩んでいる人がたくさんいます。
むくみを解消するにはフェイスマッサージでリンパや血行を促進してあげましょう。
また、むくみの根本的な原因として運動不足や姿勢の悪さなどが挙げられます。これらも並行して改善していきましょう。

 

皮膚は年齢と共にどうしてもたるんでくるものです。皮膚がたるむと顔が大きく見えます。その対策方法として表情筋のエクササイズを習慣にすることをオススメします。

 

それから頭蓋骨の矯正も即効性があり効果的です。
ただ、こちらは費用がかなり高くなるので一般的な方法ではないかもしれません。

 

小顔に見せるだけなら、髪型やメイクでも十分な効果がありますので、まずは手軽な方法から試されるといいと思います。

 

男性が小顔になる方法

無表情の人は顔の筋肉をあまり使わないため、表情筋が衰えてきます。
表情筋のエクササイズで顔の筋肉を活性化してあげましょう。

 

歯を食いしばる癖のある人は顎の筋肉が発達しています。
顎をマッサージして筋肉をほぐし、歯を食いしばるクセを直しましょう。

 

あとは顔のむくみ対策としてアルコールの飲みすぎには注意してください。

 

男性の場合は、肩幅を広げて相対的に小顔に見せることもできます。
肩の筋トレをして男らしい大きな肩を作ってみるのも一つの手です。

 

中学生や高校生が小顔になる方法

中学生や高校生など10代の人の場合、あまりお金がかけられないと思いますので、まずはマッサージを中心に行なうといいでしょう。
あとは表情を豊かにすること。若いときから顔の筋肉を使うクセをつけておくと、年をとってもシワやたるみができにくくなります。

 

また、顔は大人になるにつれて大きくなっていくものですが、大人になっても10代のままの顔の大きさを保てるような小顔矯正を行なってくれるクリニックなどもあります。

小顔になるにはどうしたらいい?男女・中学生別関連ページ

何センチ? 条件やバランス
身長や体型ごとの小顔の条件をお伝えします。顔を小さく見せるには「何センチ? どれくらい?」の他にバランスが重要です。
顔のサイズの測り方
顔の大きさと幅の簡単な測り方をご紹介します。ティッシュ箱を使う小顔診断方法など。
page top