自力で小顔になる方法

当サイトでは自力で小顔になる様々な方法をご紹介しています。

 

一言で「自分で小顔になる方法」といってもアプローチ方法はいろいろあります。
表情筋と呼ばれる顔の筋肉をエクササイズしたり、マッサージしたりが手軽にできる一般的な方法です。これらの方法には顔を引き締めて代謝をアップさせる効果があります。

 

顔以外の場所も太っている人は、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動で汗をかいて体脂肪を燃焼させることも必要です。
それから運動不足や睡眠不足、暴飲暴食は顔太りやむくみの原因になりますので、生活習慣を改善していくことも小顔をつくるためには重要なポイントになります。

 

骨格矯正なども効果的です。背骨や骨盤がゆがんでいると顔太りにつながりますので、これらを矯正することで顔痩せ効果が現れます。他にも自分ではできませんが、頭蓋骨のゆがみを矯正してもらうという方法もあります。

 

具体的な方法については各ページで詳しくお伝えしていますので、ぜひご覧になってみてください。

 

顔太りの原因は?

以下は顔が太る主な原因です。

脂肪

全身に脂肪がついていると顔にも当然お肉がついてしまいます。
ジョギングなどで汗を流せば、すぐに顔が引き締まるので運動を習慣づけましょう。
あとは食べ過ぎにも注意してください。

 

むくみ

血液やリンパの流れが滞り代謝が落ちることで、体内に老廃物や水分が溜まります。
これによってむくみが発生します。
顔のむくみを解消するには、マッサージやエクササイズで血行を促進するとともに生活習慣を改善することが大切です。
あとは汗や尿で排出しきれないほどの水分を摂るとむくみの原因になるので、水分の摂り過ぎには注意しましょう。

 

固太り

あごの筋肉が発達していることで顔が太って見える状態です。
筋肉は使わなければ落ちていくので、歯ぎしりや歯を食いしばるクセがある人はその原因を見つけて対策しましょう。歯の噛み合わせが悪かったりストレスなどが原因の場合が多いです。
また、フェイスマッサージや表情筋のエクササイズも固太りの改善に効果的です。

 

筋肉の衰え

顔の筋肉が衰えてゆるんでいることで、頬やあごが垂れ下がってしまっている状態です。
表情筋のエクササイズをすることで改善されます。また、普段から表情を豊かにすることで筋肉の衰えは予防されます。

 

骨格の歪み

顔の骨格がゆがんでいることで顔が太って見える状態です。
また、頭蓋骨以外にも背骨や骨盤が歪んでいるとむくみやすい体質になってしまいます。
姿勢が悪いと骨格がゆがんでしまうので、正しい姿勢や歩き方を身につけるとともに骨格を矯正しましょう。
頭蓋骨の矯正は自分で行なうのは難しいので専門のクリニックへ行くことになります。

page top