小顔 シェーディング 面長 丸顔 やり方

シェーディングで小顔に見せよう!

面長やエラの張りなど、フェイスラインの悩みはメイクで解決できます。
シェーディングを上手に使うことで気になる部分をカバーして顔を小さく見せることができるのです。

 

シェーディングとはフェイスラインに濃いめのファンデーションをのせることで、影をつくって顔を立体的に見せるメイクテクニックのことです。

 

シェーディングには使い勝手の良いパウダータイプを選ぶといいでしょう。
色は自分の肌よりも1トーンから2トーン濃いものを使います。色が濃すぎるとお面をつけているような不自然な仕上がりになってしまうので注意してください。

 

またハイライトたチークを一緒に使うとより立体的で自然な仕上がりになります。

 

 スポンサーリンク

小顔シェーディングのやり方

一般的に理想的なフェイスラインは卵型だと言われてるので、
卵型に近づけるようにシェーディングをつけていきましょう。

 

丸顔の人は、顔の両サイドにつけることで顔を細く見せることができます。
額の外側からこめかみにかけてのラインと、耳の付け根から顎にかけてのラインにつけていきましょう。

 

面長顔の人は顔を短く見せたいので、額の生え際と顎の先端につけていきます。
直線的に引いてしまうと顔が四角く見えてしまうので、できるだけ丸みが出るように入れるのがポイントです。顎は軽くつける程度にしておきましょう。

 

ベース・四角顔の人はエラが張っているので、そこを隠します。
耳元からエラにかけて、ふんわりと縦に影を入れていきましょう。
それと、額の外側からこめかみへのラインにもつけてください。

 

あとは顔の形に関係なくノーズシャドウをつけると顔がより立体的に見えます。
ハイライトやチークの入れ方のコツも以下の関連ページで紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

小顔シェーディングのやり方|丸顔・面長顔・エラ張り関連ページ

丸顔を隠すメイク
丸顔を小顔に見せるメイクのコツをご紹介します。アイメイク、眉毛、チーク、シェーディングなどの方法。
面長顔を可愛くメイク
大人っぽい面長顔を可愛く見せる小顔メイクのやり方をご紹介します。チークやシェーディングのコツなど。